横浜で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院

横浜で姿勢を矯正するならJsメディカル整体院へ!

 

こんばんは!

小野です(^^)

またまた台風が近づいてきていますね。

朝も肌寒くて起きてびっくりしました(-_-;)

寒いのが苦手なのでこれからの季節朝がつらく感じそうです。

寒さが増してくると身体の冷えも心配になりますよね。

男性に比べて筋肉量が少ない女性は冷えやすいとも言われています。

冷えがもたらす影響はとても大きいです。

これまでも当院のブログでご紹介してきましたが、今回は月経困難症について書きたいと思います。

 

ちなみに月経困難症とは、いわゆる生理痛のことです。

女性ならではの悩みのですね((+_+))

月経時に腹痛、腰痛、吐き気、嘔吐、貧血、頭痛、頭重、食欲不振などがよくある症状がおこります。

痛みや症状には個人差がありますが仕事や学業などの社会生活が困難になることもあります。

生理痛を治療するにはまず、その生理痛の原因がホルモンのいたずらによる機能性月経困難症であるのか、

あるいは子宮内膜症や子宮筋腫など子宮や卵巣に異常があるものかによってどのような治療をしていくのか変わります。

 

ですが、痛みを和らげるためには共通して冷やさないこと、ストレスを溜めないことは必須です。

そのために、運動は症状緩和に役立つようです。

月経痛は骨盤内の血液循環が悪くなって、うっ血しているために起こるケースも多くあるからです。

適度な運動は全身の血行をよくして痛みを軽減する効果もあります。

そして普段から骨盤周りの血流の循環も必要になるので正しい姿勢で子宮に負荷をかけないことも大切です。

月経の量が多い方だと貧血になる方も多いので普段からしっかり鉄分摂取してあげることも心がけてください。

 

定期的に来るものだからこそ日々のケアや知識をもつことは大切です。

季節的にもきつくなってくる方もいると思います。

本人にしか分からない痛みだからこそしっかりと意識的に気をつけていきたいですね。

大きい病気が潜んでいる可能性もありますので無理はせず定期的に検診していくのが大事ですね!

 

明日のご予約状況です!

明日は、終日ご予約で埋まっております。

 

 

横浜で整体を受けるなら【口コミランキング1位】J’sメディカル整体院 PAGETOP